子どもが、約束の時間になってもマインクラフトをなかなか辞めない時の対処方法。ある言葉をかけるとですぐ辞めた!伝説のつるはしの作り方をご紹介

こんにちは。工作大好きゆっとです。

最近、年中の息子がマインクラフトをはじめました。

どうやらとても面白いみたいで、クリーパーだー!とかホネホネマンだー!とかとても盛り上がってます。

しかしマインクラフトを辞める約束の30分が経過しても『まだやるー!!』『辞めたくない!』となかなか辞めません。

そんな経験ありませんか?

今回は子どもがマイクラをなかなか辞められない時に、一発で辞められた対処方法をご紹介します。

その方法は、、、、、マイクラを辞める時間になった時に、、、、

私『マイクラのつるはしをダンボールで作ってみよう!』

子ども『作る~!』

とゲームの次の楽しみを作ることで、約束の時間にマイクラを辞めることが出来ました。

ということで今回は、そのマイクラのつるはしの作り方をご紹介致します。

それでは早速やってみましょう!

所要時間は30分ぐらいです。

完成品

なかなか良い出来栄えです!

材料

  • ダンボール(大きめがいいです。)
  • えんぴつ
  • のりもしくはボンド
  • 絵の具セット
  • カッター

手順① ダンボールにつるはしを描く

マイクラのつるはしをダンボールに描きます。

ちなみにダンボールは向きがあります。

よーく見るとスジあるのですが、わかりますか?縦にスジが入っていますね?

今回は縦向きにつるはしを描きます。

このスジは折れやすいので、横に描いてしまうと後になってつるはしが折れやすくなってしまうのです。

と言うことでダンボールは向きがあるので注意しましょう。

手順② カッターで切る

なかなか良いつるはしが出来ました。

しかしダンボール1枚だと強度が無いのですぐによれよれになってしまいます。

そのため1本目のつるはしを型にして増やしていきます。

合計6本つるはしが出来ました。

なかなかの出来栄えです。

手順④ つるはしをのりでくっつける

型をとったつるはしをのりでくっつけます。

3枚分ダンボールを重ねるとかなり強度が出るのでおすすめです。

のりをたくさんつけて、重ねるだけです。

この作業をあと一回繰り返すと、、

最強のつるはしが完成します。

しかしこのままでは少し寂しいので色を塗ります。

手順⑤ 色を塗る

色塗りは自由な色で楽しみましょう〜!

せっかくなので両面色塗りしたいので、片面が塗り終わったら一度乾かします。

7月半ばの昼時で、さらに快晴なのですぐ乾きますね。

直射日光で5分で乾きました。

反対の面も塗って、、、

何故か色を塗った面を下に向けて乾かす作戦!?床が汚れるんですけど!

しかし何故かすぐに乾きました。

両面塗ったら完成です。

完成品

世界に1本のつるはしが完成しました。

これで現実の世界でもマイクラを楽しめそうですね。

いかがでしたでしょうか?

マイクラを約束の時間で終わらせたい時は、ぜひ『マイクラのつるはし作ろうよ!』と声を掛けてみて下さい。

うちの年中4歳の息子は、いつもはなかなかマイクラを、辞めれません。

しかし今回は、『つるはし作ってみよう!』と言うとすぐにゲームを辞めることが出来ました。

ゲームを辞める時は、次の楽しみを作る必要があるのかも知れませんね。。。

次回はクリーパーを作ってみます。

本日もお読み頂きありがとうございました。

プロフィール
この記事の管理者
ゆっと

工作好きのゆっとです。
妻、息子二人の4人家族で千葉県松戸市に住んでおります。
自宅で簡単に出来る工作や実験をたくさんご紹介致します。

ゆっとをフォローする
工作
ゆっとをフォローする
子どもと一緒に工作&実験&遊びアイデア大集合
タイトルとURLをコピーしました